アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【お金を知らない日本人】日本の学校ではお金の勉強は行わないという話

大学の勉強が社会に出てから全く役に立たない。

有名大学に入って大企業に就職するために勉強させる日本の教育終わってると思うchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200221034840j:plain

 

日本では小中義務教育ですが、高校や大学に通わせないと就職できないといった風習があります。

 

なぜ日本の教育が終わっているのかというと、就職するためだけの学習しか行わないからです。

 

自分のやりたい仕事なのであればまだしも、とりあえず大企業ならどこでもいいから有名大学に入るといった感じの人間ばかりてす。

ほとんどの親や教師は将来やりたいことなどお構いなしにとりあえず勉強してとりあえずいい学校に進学することを第一としています。

 

日本のほとんどの大企業は学生時代学んだことはほとんど役に立たないことが多いです。

 

有名大学にはただのネームバリューしか存在せず、大企業に入るためだけの肩書きに過ぎません。

 

サラリーマンになるためだけの教育を受けても当然お金持ちなることはできません。

教科書を丸暗記する能力が高くてもお金の勉強ができて個人で稼げるとは限らないからです。

 

世の中のお金持ちはサラリーマンではないことがその証拠です。

 

実際、周りが行っているから一応行っておこうという目的意識の低い人がばかりです。

大学に行っても、無駄なカリキュラム、知識や説明だけを問うテスト、バカ高い授業料と無駄な時間とお金ばかり使ってしまいます。

奨学金組んで10年ローン返済という地獄の生活です。

 

しかしながら手に入るのは社畜人生への切符だけなのです。

 

将来のことやビジネスに関心もない、単位を取れるかだけを考える無駄な時間ばかりを過ごしてしまうのが日本の教育の現状なのです。

 

現役で学生をやってる人にはなぜ通っているのかや通う意味について考えていただき、親になる皆様には自分の子供への教育についてよく考えてもらいたいと思います。

 

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。自宅待機!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。