アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【株価は下がらない】金融緩和によって株は買い支えられているという話

株価の爆上げによって含み損がかなり減りました。

皆さんこんにちは。株価が上がっているというより通貨価値が下落していると思うchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200604004440j:plain

 

現在コロナショックによって大暴落した株価がものすごい勢いで戻りつつあります。

日経平均もダウも暴落時を超えそうな勢いです。

 

二番底が来ると何度も叫ばれ続けてきましたが、結局株価は上がり続けて青天井状態です。

 

米株時価総額から算出されるS&P500指数のチャートです。

f:id:chiba373:20200819222940j:plain

暴落前の水準に戻りつつあります。

 

今もまだ経済状況はコロナによってズタボロ状態で、やっと日本では経済活動が再開し始めたばかりです。

 

なぜ短期間でここまで戻すこととなったのか?

その原因には各国が行っている大規模な金融緩和が挙げられます。

簡単に言うと、各国の中央銀行(日本では日銀)がお金を刷りまくっているということです。

 

ドルやユーロ、円がバンバン刷られているため、お金に余裕のある富裕層がそのお金で株を買い支えています。

 

なので株価は落ちるどころかどんどん上がっています。

それに連動して金価格やビットコインの価格も上がっています。

 

これはお金以外の資産価値が上がっているというよりも、通貨価値が下がっていると言えます。

 

日本の場合、日銀が刷りまくったお金で国債ETF(日経投資信託)を大量に購入しています。

元々アベノミクスによって日本株を買うことにより日経平均株価を釣り上げていましたが、今回のコロナ対策でETF購入額を12兆円に引き上げることを決めています。

f:id:chiba373:20200604000236j:plain

毎日新聞HPより

 

投資信託は国内株式の詰め合わせのようなものなので当然ながら大量に買えば日経平均株価は上がります。

 

これで何が起きるのかというと、株価が上がることによって株を保有している人間(ほとんどがお金持ち)が得をするという仕組みです。

 

つまり簡単にいってしまうと、

国がお金を刷りまくってお金持ちにお金をバラ撒いているような状態

なんです。

 

これによって日本の主要な株式の株主が国となってしまっています。

 

ちなみにFRB国債社債(会社が発行する債権)を買っているようで、まだ日銀のように株の買い支えは行っていません。

 

特別定額給付金10万円の配布によって弱い人を助けているような雰囲気がありますが、投資家を始めとするお金持ちは比にならないくらいの恩恵を受けているのです。

 

国民が10万円の給付金によって手懐けられ、たった1回の給付で大満足してまた納税し続ける従順な奴隷となって喜ぶのは…(黙っておきます

 

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。

「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」

と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

 

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。

これは"人生の攻略本"だと言えます。

 

YouTubeで簡単にまとめた紹介動画を作りました!

 

 

それでは今日はこの辺で。金融緩和!!

 

YouTubeチャンネル:chibamaxの投資チャンネル

投資ブログ:投資で人生を変えるブログ

Twitter@drifting_into_u

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。

応援クリックよろしくお願い致します。