アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【日本は後進国】ブロックチェーン技術について理解しておくべきという話

ブロックチェーンビットコインのこと?怪しいしよく分からないからいいや。

皆さんこんにちは。ブロックチェーン技術は間違いなく世界を変えると思っているchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200626184840j:plain

 

ブロックチェーンというと、仮想通貨などのビットコインを連想する人は多いです。

そして大体の人がビットコイン=危険なものと捉えている(間違いではありませんが…)ためブロックチェーンも危険という認識の人ばかりです。

ですが何事も先入観で判断するのはおすすめしません。

できるだけどのようなものかを調べてから判断すべきなのです。

 

もし、ビットコインを数年前によく調べて買っていれば今頃は億万長者なんです。

ブロックチェーンとは一体何なのかを軽くで良いので勉強してみるべきなんです。

最近までブロックチェーンを理解していなかったchibamaxが簡単にブロックチェーン技術についてまとめましたので解説していきたいと思います。

 

ブロックチェーン(Blockchain)によって実現する世界は

人を騙すこと(悪いこと)ができなくなる世界

で、それによって悪人という概念すら無くなります。

 

将来様々なものにブロックチェーン技術が導入されれば、不正そのものができなくなる魔法のようなシステムのため他人を信頼する必要すら無くなる未来が来るとも言われています。

 

なぜそんなことができるのか…?

不正行為を全世界の人類で監視することができるからです。

嘘をついたり不正をしたりすると、すぐに排除できる仕組みなのです。

犯罪のない理想の社会(Death Note的な…)が実現すれば警察や刑罰すら不要になります(そこまで行くのにはものすごい時間がかかりそうですが…)

 

我々は無意識に周りの人を信頼しています。

もし、北斗の拳のように世紀末状態で外が悪人だらけの世界なら平然と出歩けません。

f:id:chiba373:20200626193157p:plainf:id:chiba373:20200626193214p:plain

全く知らない他人でも信用しているからこそ、外出して日常を送ることができるのです。

そして今はまだ、一人悪い人がいるだけで周囲を巻き込む大惨事になってしまいます。
悪意を持った人間がウソをついたり不正をすることが簡単にできてしまう世の中だからです。

ブロックチェーンはそういった問題を解決するための仕組みだと言えます。

 

そしてビットコインは知っていても、ブロックチェーンについて知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

ですが、

ブロックチェーンビットコイン

というわけではありません。

 

ビットコインとはブロックチェーン技術を使った暗号資産(仮想通貨)の1通貨でしかないんです。

ブロックチェーンがインターネットだとしたら、ビットコインYouTubeというような扱いになります。

f:id:chiba373:20200626193423j:plain
貨幣の場合は偽造したり人から盗んだりすることができてしまいますが、ビットコインではそれができません。

ビットコインは世界中の無数のコンピューターで計算して成り立っています。

不正をするためにはその計算結果を書き換える必要があります。

そのための設備や電気代だけで何億円もかかると試算されています。

めちゃくちゃにコストがかかってしまうんです。

それだけの費用をかければビットコインで不正できる可能性があるだけで、成功するとも限りません。

なので費用対効果が悪すぎる上にリスクも高いんです。

f:id:chiba373:20200626193456j:plain

そしてビットコインなどの暗号資産はマイニング(採掘)というコンピューターを使って新たなブロックを生成(通貨の新規発行)するための計算をすると、報酬としてその通貨を受け取ることができます。

不正をしようとすると多大なコストがかかってしまうため、大人しくマイニングで稼いだほうがコストもリスクも低いという結果になるんです。

 

ブロックチェーンによって、トラストレスの社会が生まれると予想されます。

なぜなら不正をするコストが異常に高い仕組みを実現できるからです。

コストが高すぎるために悪いこと自体が事実上不可能となります。

 

ブロックチェーン上のビットコインで不正ができたことは一度もないと言われています(言われてるだけで起こってる可能性も否めませんが…)

ちなみにマウントGOX事件コインチェック事件は取引所のサーバに不正アクセスされて仮想通貨が盗まれただけで、仮想通貨そのものに不正されたわけではありません。

f:id:chiba373:20200626193521j:plain
日常生活でも無意識に他人を信用しているのが現状ですが、中にはまともじゃない人もいます。

たった一人の頭のおかしい人間がいるだけで全てがぶち壊されてしまいます。

なのでブロックチェーンを使い、そもそも信頼がいらないような仕組みを作るべきなんです。

 

現在、ビットコインなどの仮想通貨以外にもブロックチェーン技術を導入しようという取り組みが各国で行われています。

そうなると、絶対に不正ができないので本当に他人を信用する必要のない社会が実現します。

 

ですが残念ながら日本は規制に次ぐ規制によりブロックチェーン後進国です。

ブロックチェーン関連事業を行いたいという人は続々と日本離れしているのが現状です。

 

そして我々は離れたところにいる人を送金する場合、必ずと言っていいほど銀行を利用しています。

しかし銀行は24時間即座に送金できるわけでもなく、海外への送金が非常に難しいです。

そしてそもそもなぜ大切なお金を銀行に預けているのかというと、銀行への絶対の信頼があるからです。

ですがもし銀行にミスや不正があった場合、お金は簡単に抜き取られてしまいます。(そんなことはないと思いますが…)

 

それがビットコインなどの仮想通貨の場合、世界中のどこにいても銀行などを介在することなく個人間で直接のやり取りができてしまうんです。

さらには銀行などの中央集権化がされているわけでもなく、各個人で管理をしている分散型台帳のため曜日や時間に関係なくいつでも送ることができます。


銀行から送金する際は、銀行・支店名・口座番号などが必要となりますが、仮想通貨ならアドレス(もしくはQRコード)のみで送れてしまいます。

取引内容は世界中に公開されており、どのアドレスからどのアドレスへいくら送金されたという情報は誰もが知り得ることができます。(アドレスから個人の特定は不可)

f:id:chiba373:20200626193642j:plain

そのため取引内容を改ざんすることはできず、絶対に不正ができないという仕組みなのです。

 

ブロックチェーンはお金の管理以外にも利用することができます。

いちいち他人を信用する必要の無い社会がブロックチェーン技術によって実現するかもしれません。

 

分散型台帳上に載ってしまうと、絶対に不正ができなくなります。

人を疑うことすら必要なくなり、疑心暗鬼でストレスが溜まることもありません。

 

ですが残念ながら、日本では規制ばかりでブロックチェーン技術が普及させることは難しい状態です。

日本で始まり先進的だった仮想通貨取引所も首を締められて痛手を負っている状況です。

それに対して世界中では(特に中国)国家プロジェクトでブロックチェーン技術を様々なものに取り込もうとしています。

 

老害ばかりが詰まって新しいことを受け入れられない日本ではブロックチェーン関連の事業を起こすことができないので、海外に移住する人も増えています。

2020年代には更にブロックチェーン技術が普及していくと予想されます。

日本は全くダメなので、中国やアメリカがどのように取り入れていくのかを注視していく必要があるかと思います。

 

 

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。

「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」

と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

 

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。

これは"人生の攻略本"だと言えます。

 

YouTubeで簡単にまとめた紹介動画を作りました!

 

 

それでは今日はこの辺で。Trustless!!

 

YouTubeチャンネル:chibamaxの投資チャンネル

投資ブログ:投資で人生を変えるブログ

Twitter@drifting_into_u

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。

応援クリックよろしくお願い致します。