アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【成果主義は幻想】未だにほとんどの日本の大企業は年功序列だという話

どれだけ優秀な若者も低賃金で使い倒されるのが日本の現実です。

皆さんこんにちは。低賃金で散々使い倒されたchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200609011308j:plain

 

chibamaxは元大企業社員でしたが、若者は基本的に低賃金(300~400万円)なのにたいしておっさん達が高年収(800~1000万)という年功序列の会社でした。

おじさんが若者の数倍仕事をしているとは到底思えませんでしたし、下手したら優秀な若者のほうが仕事をこなしているくらいでした。

 

上層部は年功賃金を廃止したと言ってますが、そんなのはウソでしなかく実態は年齢を重ねれば給料が上がっていくものでした。

つまり、若者は若いというだけで給料が低いんです。

 

年齢によって給料が決まるということは、無能なおっさん(老害)が何もしなくても高収入だということなんです。

要は若者がいくら努力して成果を出したとしても、給料が上がることはほとんどないんです。

 

ちなみに日本の中でも比較的年功序列ではないと言われているIT企業ですら、アメリカと比較すると年功序列でしかないんです。

f:id:chiba373:20200609011431j:plain

ここ最近のIT分野の企業成長を見れば一目瞭然ですね。

日本企業はほとんど成長できていません。

 

米国では無能なおっさんに無駄金を払うより、優秀な若者に報酬を与えるほうが企業成長に繋がると分かっているんです。

年齢に関係なく能力で採用するという、いつまでも老害が上層部を占領し続ける日本企業とは大きく違います。

 

無論日本の優秀は若者の中でも、英語を勉強して海外企業に就職するという人が増えています。

chibamaxもそっちのほうが絶対良いと思っています。(chibamax自身も英語学習中…全く身につきませんが;^ω^)

 

今後は若い時から能力を発揮してお金を稼いでいきたいというのであれば、若者にお金を払わない日本企業にいるよりも海外企業に就職すべきだと言えます。

 

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。

「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」

と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

 

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。

これは"人生の攻略本"だと言えます。

 

YouTubeで簡単にまとめた紹介動画を作りました!

 

 

それでは今日はこの辺で。若者は低賃金!!

 

YouTubeチャンネル:chibamaxの投資チャンネル

投資ブログ:投資で人生を変えるブログ

Twitter@drifting_into_u

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。

応援クリックよろしくお願い致します。