アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【貯金大好き日本人】お金に働かせないと一生労働地獄という話

お金なんてなくなって愛さえあればなんとかなる!

皆さんこんにちは。一生労働する人生に嫌気しかないchibamaxです。

 

お金が働く

 

資本主義社会においてお金を働かせて収入を得る方法は勝ち組だと言えます。

お金を働かせる方法を理解しない限り、毎日同じ仕事をし続けても全然お金が増えない"ラットレース"状態を続けることになります。

 

簡単な例ですと、例えば銀行貯金を続けると利子がつきます。

利子が年0.01%だとして、100万なら100円しか増えませんが、100億なら100万増えます。つまり100億預けていれば何もしなくても100万円受け取ることができるということです。

 

しかし実際、ほとんどの人はお金を眠らせている人ばかりです。

お金を眠らせるとは、簡単にいうとタンス貯金や銀行貯金のことです。

稼いだお金を大事にしまいこんで使わないことですね。

しかしお金の価値は長い目で見ると落ちています。年約1%の割合で価値が落ち続けるものを持っていても損でしかありません。

 

お金に働かせるとは、お金がお金を生み出す状況のことを指します。

つまり不労所得です。今まで資産運用については紹介してきましたが、銀行貯金も一応資産運用になります。が、最近はマイナス金利政策によって銀行貯金は損失でしかありません。


お金を使ってお金を生み出す方法はギャンブルのイメージしかないですが、正しい運用方法により着実に増やしていくこともできます。

 

当たり前のように思えますが、少額でハイリスクな投資(もはや投機)を行うことは銭失いに繋がります。

低リスクでは極僅かのお金しか増えません。

だからといって短期で一気に増やそうとハイリスクなギャンブルばかりをしていては大幅に資産を失うリスクも高まります。

つまり、増える量は元本とリスクに比例するのです。

長期的に少しずつ増やしていくことによって「雪だるま式」に増やすことができます。

お金に働かせることは、"質より量が大事"になってきます。

 

世の中のほとんどの投資家が働いてないのは、お金が代わりに働いているからです。

つまり労働によって時間を犠牲にすることがなく、好きなことをして生きていくことができます。

やりたくもない労働、それに明らかに見合わない給料、1日会社に時間を縛られる。

他人のために働き続ける限りお金は増えません。毎日どれだけ働いても何も手元に残らないという人がほとんどだと思います。

 

地獄の労働人生から開放されるので、朝早く起きることも、満員電車に乗ることも、人混みを掻き分けて歩くこともなく、しっかりと睡眠と取ることができ、自分のやりたいことに専念することができます。

 

お金を眠らせるだけでは損をし続けます。

なぜならお金の価値は下がり続けているからです。

 

お金を働かせることにより、自分が働かなくてよくなるのです。

 

資本主義社会は、

お金の無い人は自分が働き、

お金のある人は人に働かせ、

資産家はお金を働かせている

という仕組みです。

 

世の中のお金

 

労働に縛られる生活から、好きなことで生きる生活ができるようになるのです。

 

いつか給料は上がると信じて必死に働き続けていても、全然お金が増えない人は「ラットレース状態」になっていると思われます。

同じことを永遠繰り替えし続けていてもその状態から抜け出すことはできません。

少額からでもよいので、お金を働かせる方法を考えることがお金が増えない労働地獄から抜け出す第一歩となるでしょう。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。働くお金!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。