アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【脱社畜への道】アーリーリタイアは夢ではないという話

就職したら死ぬまで労働地獄からは逃れられない。仕事は辛くても辞めるな。

皆さんこんにちは。chibamaxです。

furoushotoku


アーリーリタイアなんて所詮不可能と思われ、労働で消耗する人生を選択する人が多い中であえて早期退職を選ぶという道を選ぶことが大事だと言えます。

早期退職とはつまり(夢の)脱社畜のことです。

若干意味は異なりますがセミリタイア早期リタイアとも言われています。

要は労働に頼らない生活をすることですね。

 

日本政府は70歳まで働かせようとしています。

近い将来では生涯現役などと言われる可能性もあります。

働き続けられれば良いですが、必ずしも働き続けられる環境であるとは限りません。

誰かがなんとかしてくれる、助けてくれるという考えで働き続けるのは一番高リスクだと言えます。

 

ほとんどの労働者はその場限りで生きていると言えます。

生活費やローンという負債のために働き、全くお金が増えない生活をしています。

無駄な支出が多すぎるという問題もあります。

貯金、年金、保険などは万が一のときに役立ちますが、物価上昇に対して弱く、将来にはその価値は半減していることでしょう。

 

労働に頼らない生活をするには現金製造機を持たなければなりません。

 

好きなことで稼ぐにしても中々お金には直結しないことが多いです。

資産は寝ていても遊んでいても自動的にお金を増やしてくれる最強のシステムです。

不労所得による生活を実現させることが脱社畜ライフを送るためには必須だと言えます。

 

労働に頼る生活はハイリスクだということを理解しなければなりません。

今後は70歳まで働かされ、いずれは生涯働かされます。

それまで健康で働き続けられる保証は誰もしてくれません。

誰かが面倒を見てくれる、なんとかなるだろうといった楽観視は危険だと言えます。

 

ローンという重荷は捨てなければなりません。

家も車も資産ではなく、ただの負債です。

価値が上がる可能性はありますが、資産は何もしなくても勝手にお金を生み出してくれるものです。

負債は永遠にお金の増えないラットレース生活を作り出します。

 

お金持ちは複利で生活しています。

現金製造機の不労所得による複利を再投資に回すことよって雪だるま式にお金を増え続けます。

これによりお金持ちは一生働く必要がないのです。

 

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。脱社畜道!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。