アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【サラリーマン教育】日本の教育内容が終わってる件

義務教育とは名ばかりで、実態は行かなくても何の問題もない任意教育。
有名大学に行って大企業へ就職のために人生かけてる○○(コンプラ)多すぎて呆れてるchibamaxです。

 

日本教育


日本の教育への国家予算は先進国の中でもかなり低いと言われています。

 

*なぜ教育の予算が低いのか?

理由は前の記事でも書きましたが、国の予算の使い道を決めるのは政治家です。
政治家は票田しか見てないので確実に当選するために高齢者向けの政策を打ち出します。
つまり教育に力を入れる政策を行っていないということです。


この問題は教育に限った話ではなく、研究・開発費用などについても同じことが起きており、国全体の成長に影響を及ぼしています。(高齢者からすれば国の未来とか関係ない

 

正直、最近の教育は進歩することなく、ゆとり教育で学力が低下してしまったので減らした項目をただ増やして詰め込んで教え込んでいるだけというように感じ取れます。

 

何が言いたいのかというと、根本にあるのは、、

就職してサラリーマンになり定年まで働く、平均的で”模範的な日本人”を育てたい

という理念です。

 

悪くいうと汎用人間を作るための教育だと言えます。

どこぞのニュースでは学校はサラリーマン量産工場と揶揄されてましたね。

つまり根っこの部分を改善するために予算を使わないと意味がありません。


まあその教育のおかげで黙って働き続けるサラリーマンを雇う経営者が美味しい思いをしているという現状もあります。

 

一見学校のやっていることは正しく見えますが、実態は人の下に就くための教育
先生の言うことは絶対」「皆と違うことは許されない」よって疑問を持つ隙も与えられない。無垢な子供に”それが当たり前”だと思い込ませています。


社会でも同じですが、日本人は子供の時から「全体主義」を叩き込まれてサラリーマン思考を植えつけられているわけです。


その”就職教育”が顕著に現れる理由は、

職員も雇用された経験しかない

からでしょう。
個人の夢などは「非現実的だ、安定してない、苦労するぞ」などと一蹴され、結局定年まで働き続けるサラリーマンになる未来へしか導かれません。

 

単純に考えればやらなくてもいいようなものを、親も周りばかり気にしてしまい、
良い成績を残して進学・就職に繋げなければならない」という縛りによって、言わば"奴隷"のような扱いで個々の思想を捻じ曲げて無理やり関係のないことをさせられているのが現状の義務教育期間です。

 

そういったキャリア教育により小中高大と進むに連れて将来の選択肢は、逆に狭められてしまっています。

勉強する理由はいい大学に入って大企業に就職するため
大学を卒業する頃には就職するという選択しかありません。選ぶのは職種だけ。

 

誰かの下に就くような教育をするのが当たり前というような風習になっているのを、今後は自分のやりたいことのための学習をさせるべきなのです。

 

 

特に義務教育期間は無駄なことが多すぎると思ってます。(実態は行かなくても何の罰則もない任意教育ですが)

 

散々文句ばかり書いてきましたが、国にとって学校という教育機関は必要なものです。

教育につぎ込む国家予算を増やす政治をしてほしい

この一言に尽きます。


しかし、いい大学に行かせて大企業に就職させるためだけの教育”学校”というものをビジネスに利用する存在に対し、学生の頃は「これが日本全国当たり前」と思い込んでいましたが大人になって考察してみるとおかしな点が多々あります。

結局、受験や就職のために言われるがまま勉強するだけの機械になってしまい、探究心というものが無くなってしまいます

(全国の教師が悪いとは言いませんが、こういった教育が蔓延っているのは事実です)

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。任意教育!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。