アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【世界的大不況?】コロナ暴落!リーマンショックとの違いは?

コロナで大暴落だ!リーマンショックがくるぞ!株は全部売ってしまおう!!

皆さんこんにちは。暴落で増えていく含み損に震えているchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200301233748j:plain

 

新型肺炎コロナウイルスの影響で世界株価大暴落が起きていますね。

過去の有名な暴落に、サブプライムリーマンショックがありますね。

 

しかしながらただ大暴落だからと慌てて感情に流されたトレードをしてしまってはいけません。

 

一番大切なのは弾薬となる資金です。

早すぎる損切りは損失を重ねることに繋がり、全現金ポジションを使ってしまうと弾薬を使い切ってしまうことになりその後戦うことができなくなってしまいます。

金管理を適切に行うことが生き残るために重要です。

 

相場に絶対はなく、どんなプロでも予想を外すこともあります。

リスクを減らすためには現金ポジションを持つということも大事になります。

 

そして、適切な資金管理をしつつある程度の予想をしていく必要があります。

短期的なトレードであれば逆張りも良いですが、個人で株を行っている人のほとんどは中長期的なトレードを行っていると思いますので長期目線で予想する必要があります。

 

なので今回(今後の?)のコロナショック(仮称)とリーマンショックの暴落の理由も考えていく必要があります。

 

生産性の低下や低成長、レバレッジ経営の減退などが不景気の原因です。

 

リーマンショック金融危機によって実態経済に影響を及ぼすものでしたが、今回のコロナショック(仮)は珍しく意図的な生産性の低下(停止)によって起きているものなのです。

 

生産性の変動や成長率は普通狙ってできるものではありませんが、唯一できるコントロールが生産活動の停止です。

 

つまりコロナは自然に不況になったのではなく、人為的に起こされている不況だということですね。不況を起こしたということは好景気に戻すこともできるということです。

それは生産を再開させることですね。

コロナさえ収束させれば急な経済の回復を見込めるかもしれません。

 

とはいえ長引けば失うものも雪だるま式に増えるので早めに対策を行い、手遅れにならないタイミングで回復させてほしいものですね。

 

ちなみに今の話は全世界規模の話であり、日本経済の事情は少し変わってきます。

それは今後の記事で書いていきたいと思います。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。コロナショック!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。