アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【社畜人生は否定しよう】成功している人の生き方以外参考にならない件

働かずに生きていける人間なんてほんの一握りの人間だけだ。夢を見るな。

お金持ちになって労働人生から脱出したいchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200210182108j:plain

 

世の中には毎日顔真っ赤にして働き続けてもお金の貯まらない人がいれば昼間から遊んでいてもお金が入ってきて悠々自適に生活している人もいます。

 

フリーランスなど会社に雇われることなく自分で稼いでいる人は、満員電車に乗って通勤して上司に怒られながら病みそうになることもなく仕事をしています。

更に資産をたくさん持っている人は、何もしなくてもお金がお金を生み出すことによって収入を得ることができます。

 

お金さえあれば嫌味を言う上司やクレーマーに頭を下げることもなく、やりたくもない仕事をやる必要もなくなります。

日本は資本主義であるため、お金持ちはお金を働かせることによって働かずに資産を膨れ上がらせ、貧乏人は死ぬまでお金に困りながら働き続けるという世の中の絶対的な仕組みがあります。

 

 

私は投資と副業を始めることによって脱社畜への道を見出すことができました。

投資を始めることによって今まで知ることのなかったお金の勉強や様々な出会いがありました。
そして資本主義社会の仕組み、社畜し続けることの無意味さを痛感させられました。

収入を増やしたいのであれば会社での仕事を頑張って出世を目指すことは無意味だと分かりました。
なぜならいくら会社のために仕事を頑張っても会社は労働者に尽くしてくれることはありません。

 

サラリーマンの意見ばかり参考にしていても、毎日の貴重な時間を会社の終わらない労働に捧げる人生を勧められてしまいます。

 

会社人間の推奨する人生は「一生労働し続ける地獄のような人生」であり、正直参考になりません。

仕事の有無に関わらずとりあえず毎日会社に通い、無ければ無いなりに「考えて会社のために尽くすべき」といった集団同調圧力によって企業戦士思考を植え付けられています。

 

恐らく仕事に真面目に取り組む人に「投資をしろ」「副業もやったほうがよい」「会社を辞めて個人で稼げ」なんて言う人はいません。

 

しかしながらお金持ちになりたいのであれば自分でビジネスを始め、経営者となり投資をすることは必須だと言えます。

 

つまり会社に育てられた人間の言うことは参考にしていては必然的に"死ぬまでサラリーマン"になってしまうのです。

YouTubeやブログ、Twitterなどのネットにはフリーランスとなり投資を行い成功している個人事業主が大勢います。

そういった人の意見や行動を参考することによってお金持ちへの道が見えてくるのですね。

 

人生には終わりへのカウントダウンがあり、常に進み続けています。

 

"65歳まで働くのが当たり前"という概念を捨て、できるだけ前倒しでアーリーリタイアすることが大事です。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。

「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

 

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。お金持ち!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。