アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【社会貢献しても無駄?】需要のない会社で働くのはやめよう

仕事するなら社会貢献して皆のためになる仕事をしろ。働き続ければ給料はいずれ上がる。
皆さんこんにちは。chibamaxです。

本日は需要のない会社で働いても無駄というテーマです。
タイトル画像

いつまでも残る古い体質

日本ではただお金を稼ぐことは悪とされ、テレビや漫画でもお金にがめつい人間はほぼ必ず悪役です。
社会貢献して人々のためになる稼ぎだけが美しいみたいな風習があります。

ほとんどの人はお金よりそういったやりがいばかりを重視し、自分のためには全くならない消耗するだけの生活をしています。

 

経営層は自分のことだけ

経営陣は自分の権力や見栄えのことしか考えていません。周囲の目ばかりを気にし、社員の利益のことなど一切考えていません。
いくら働いても給料が上がらないのは経営陣次第だからであって、個人がいくら努力しようとほとんど効果はありません。
しかし実態は、そういった経営者に手懐けられて社畜魂の宿った管理者達にやりがいを餌に働かされるだけです。

採算の取れない時代遅れのサービスばかり行い、無駄な経費や労力で消耗する企業が多いように見えます。

 

社会貢献しても意味はない

日本では社会貢献して人のためになる仕事のほうが褒められがちですが、それに見合った収入でなければ何の意味もありません。
人にどれだけ感謝されようと、お金にならなければ完全に無駄です。
いくら社会貢献してようと、自分のためにならなければ無駄に消耗しているだけです。

 

需要のあるビジネスを始める

将来的に需要のある会社で働かなければ意味がありませんし、それに合わせた勤務形態にしていく企業への就職が好ましいです。

日本にほとんどの企業は毎日無駄な通勤を繰り返させ、社員の時間を健康を奪い続ける会社ばかりです。

これからの時代は誰もが個人でビジネスを始められる次第です。
会社員をしていても何を買っても実費で給料もほとんど上がりません。
多く稼ぐ見込みのある上に税面で圧倒的有利な個人事業のほうが、無駄のない効率のいい仕事ができると言えます。
何より自分の好きなことで稼いでいけることこそが心身の負担を減らし、人生をエンジョイできるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今の日本企業を見る限り、ほとんどが古い体質のまま時代に合わない仕事ばかりしています。
大量のオペレーターで電話対応し、紙を刷り続けて、顔を合わせる会議のためだけに出張する会社ばかりです。
いつまでも需要のない古いサービスを続けて、社員にもやらなくていい無駄なことばかりやらせます。
給料には一切還元しようとせず、無駄な経費ばかり使い続けています。
働き方改革をするならまず古い日本人を改革すべきだと思います。
これからの時代は自分のビジネスを持つことが賢く生きていく方法となります。

それでは今日はこの辺で。開業!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ