アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【賃金が上がらない!】年収を上げるにはどうすればよいか考える

はいどうもこんにちは。
今は給料が少なくても、毎日会社に通い続けて仕事を続ければいずれ給料はあがるだろう。chibamaxです。

本日は年収を上げるにはどうすればよいか?というテーマです。
タイトル画像
手取り14万という言葉が流行ったように、日本人の賃金の低さがトレンドに上がっていますね。だからといって仕事を変えようとはせず、身体に鞭打ってそのまま働き続ける人がほとんどですね。

賃金が上がらないワケ

給料が上がらないと文句を言う前に、会社そのものの仕組みを理解する必要があります。
会社とはお客様のためでも従業員のためでもなく、株主のためのものです。
つまり会社がいくら利益を上げても株主への還元や役員への報酬が最優先となります。
そしてバブル崩壊リーマンショックを経て、従業員を減らすのではなく低賃金で内部留保を貯めるといった方針を取っています。
唯一賃金アップを要求できる労働組合も人員カットしない代わりに給料カットをすることに了承してしまっているため、働いても働いても全く給料の変わらない社会が出来上がってしまっています。
いくら頑張っても賞与(ボーナス)に僅かにしか加算されず、基本給は上げない仕組みになっているわけです。

 

日本全体で同じことが起きている

バブル崩壊からは失われた20年と言われ、日本経済は成長することなくほぼ横ばいとなってしまい、その間ほとんど賃金アップはなされていません。
労働組合幹部は会社に手懐けられてしまい、見かけ上はやってるように見せているものの実態は会社の言いなりで何もしていないも同然です。
日本全体で賃金アップが止まってしまっているため、日本経済は停滞してしまっているのです。
賃金が上がらなければ店の売上は上がらず、値下げすることによって賃金は更に減るというデフレスパイラルが日本では起こっているのです。

 

世界的に見れば損をしている

消費が落ち込めば当然物は安くなるはずですが、物の価格は上がり続けています。
なぜかというと現代の経済は日本だけで完結できるものではないからです。
平成の30年間で日本はほとんど成長できていませんが、世界経済は拡充し続けています。
日本人の給料が全く上がらず、消費が落ち込んで経済が縮退している中、世界では全く真逆のことが起きているのです。
どうなるかというと、資源が乏しく輸入に頼り切っている日本は賃金が上昇して物価が日本より上がっている海外製品を輸入しなければなりません。
輸入インフレの図
結果輸入インフレによって低い賃金のまま高い輸入品を買うことになり、増々貧乏になっていくという悪循環が起きます。

 

会社で働き続ける限り稼げない

資本主義社会の中で労働者は一番下の階級であり、一生他人のために働き続ける人生になってしまいます。
どれだけ稼ごうとサラリーマンをし続ける限り、不利な状態で戦い続けるようなものです。
なぜサラリーマンが不利かというと、稼げば稼ぐほど税金が引かれる上、負債を抱えることになるからです。
サラリーマンにとっては家や車はただの負債ですが、個人事業主や法人であれば節税対象なのです。
サラリーマンをし続ける限り、買い物は全て自分の給料から出さなければなりません。

世の中のお金持ちを見れば分かりますが、絶対に自分で働くということはしません。
お金持ちは自分で働くことはせず、お金に働かせています。
死ぬまで働き続けるという生活をし続けるか、働いたお金を少しずつ資産に変えていくことによって徐々に働かない生活に変えていくか。
どちらが正しいとは言えませんが、必ず健康で働き続けるという保証はありません。

 

まとめ

  • 今の日本企業は賃上げに消極的

労働人口が多かったバブル期には社員は会社の資源であるという考えで賃金上昇を積極的に行っていましたが、近年では雇用は確保するが賃上げは一切しないという考え方になってきています

 

  • グローバル経済に置いて行かれる日本

日本国内で全ての経済が完結すればよいですが、日本は輸入品に頼り切っている国です

国内の賃金が上がらなくても物価は上がり続けるため、世界的に見ても日本人は増々貧乏になっていきます

 

  • 就職しても安泰ではない

今の時代いくら仕事を頑張っても出世して給料が上がっていくとは限りません

会社にいいように使われ、"ラットレース人生"を送ることになりかねません

就職はあくまで一時的なお金を稼ぐ手段と割り切れない人は、社畜として他人のために働き続ける人生になってしまいます

 

 

いかがでしたでしょうか?

働いても働いても全然お金が増えないと思う人は、その会社で他人のために働き続けているということに気づかなければなりません。
世の中の仕組みを勉強しない限り、収入を上げることはできません。
働き続けても給料の上がらない現代では、副業や資産運用などによって会社のために生きる生活を変えていく必要があると思います。

それでは今日はこの辺で。あでゅー!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ