アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【高配当株紹介】ソフトバンクについて解説してみる

はいどうもこんにちは。
白い犬の会社は何やってるか分からん。怪しい。chibamaxです。

本日はソフトバンク株について紹介するというテーマです。

白い犬
ソフトバンクと言えばほとんどの人が知っている通信事業者で現代では高い需要を誇る企業ですね。

概要

ソフトバンク株式会社(SoftBank Corp. SB SBKK)は、ソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離、国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者です。

主要株主は孫正義さんが代表のソフトバンクグループジャパン株式会社(SBG)です。(63.14%保有
孫さんはソフトバンク取締役会長も務めています。

主な事業は、移動通信サービスの提供・携帯端末の販売・固定通信サービスの提供・インターネット接続サービスの提供ですね。
wikipediaより一部引用)

 

上場

今まではソフトバンクグループの完全子会社でしたが、2018/12/19に東証1部へ上場しました。
公開価格は1500円でしたが、初日の終値1282円となってしまいました。

上場
上場した理由として、国内での新規需要が無くなりシェア比率がほとんど動かないことやSIMフリーの格安モバイルの普及などが上げられます。
今後は高齢者はスマホを持たず、少子化によって需要は減り続ける一方なので値段競争でのシェアの奪い合いが中心になると予想されます。
政府の通信料金値下げ政策、5Gの設備投資費やファーウェイ排除問題なども原因にあります。
SBGはSBの配当金4割弱を捨て、株式売却益を手に入れたということですね。

高配当株

2018年の配当実績は37.50円でしたが、2019年予想配当金は85.00円と、配当利回りは6%近い高配当株となっています。
配当ランキングでは16位とかなり上位です。
配当月は3月で、配当回数は年1回です。
なお、株主優待はありません。

 

高配当の理由

スマートフォン市場の成長期は終わってしまっていますが、営業利益は少しずつ順調に伸びています。
ライバルのNTTドコモKDDIの業績が安定していることから、移動体通信事業は安定的な収入が見込めます。
5G(無線高速通信)の普及によって今後も需要は続くと思われます。

そしてSBG代表兼SB会長の実業家、孫正義さんの意向によって株主還元意識が高いことも挙げられます。配当性向が83%と物凄く高いです。
理由は一般株主のためというよりも、SBGに対しての高配当を目的としているようです。
つまり自分の利益が減ってしまうため、SBGが株式を大幅に売却しない限りは減配の可能性が低いと言えます。

 

買い時か?

株価の水準は指標上では割高です。
つまり業績悪化や減配などが起きると株価が急落する可能性は高いと言えます。
しかし暴落すれば減配しない限り、当然配当利回りは上昇するので買い支えは期待できます。
一回で現金ポジション全て使って買うのではなく、毎月少しずつ買い増していくのが良いと言えます。暴落時により多く買い、上昇時は少しずつ買うのが理想です。暴騰時には静観するか売るべきでしょう。
日本株は一部証券会社を除いて基本100株単位でしか購入できないので1回の売買で14万近く必要となります。

まとめ

  • 通信事業は安定した収益が見込める

スマホが1人1台必須の時代となっています

今後も5Gの登場によって需要が下がることはなさそうです

当初は直後に暴落に見舞われましたが、株価は公開価格に戻ってきていますね(孫さんが買い支えてる可能性もあります)

  • 高配当株式である

配当利回り6%近くあるので配当金を重視する投資家にとっては買っておきたい株です

親会社のSBGがまだ6割以上の株式を保有しているので、減配の可能性も少ないと言えます

その代わり株主優待はありません

  • 高配当だけで安易に購入すべきではない

親会社であるSBGが4割弱の株式を手放したのには理由があります

日本の移動媒体通信需要は高いものの、人口比率上新規顧客の獲得が難しい状況です

そしてSBの株価は割高となっていますので高配当がなければ買う理由はあまりありません

株価が下がったときが狙い目と言えるでしょう

 


いかがでしたでしょうか?

ソフトバンクは日本でもトップ3に入る通信事業者で高速無線インターネットが必須となっている現代ではまだまだ需要のある企業です。
大企業で高配当が魅力の株だと言えます。
しばらくは需要が減ることはないと思いますので、長期保有する方にはおすすめです。
不労所得による生活を目的にするのであれば、高配当が続く限りは注目すべき株ですね。

株取引には楽天証券がおすすめです。

それでは今日はこの辺で。アデュソン!

blog_mura_logo