アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【手取り14万!】会社がなぜ賃金を上げないのかを考える

はいどうもこんにちは。
給料が低いのは自分の頑張りが足りないからだ。もっと頑張らないと。chibamaxです。

本日はなぜ賃金が上がらないのか?というテーマです。
tedori_hikui
よく若者の間で、「給料が少ないし、上がらないなんてのを聞きますね。

賃金が上がらない事実

最近では若者の賃金が低水準だと言われ、「手取り15万」という言葉も流行りました。
それは紛れもない事実ですが賃金が大幅に下がっているわけでもありません。
全国的に最低賃金の底上げは施行されています。
しかし最低賃金さえクリアしていれば高い給料を払う義務はないので、当然それ以上払うはずがありません。

主な要因に若者の投票率の低さがあるとも言われていますね。

給料は僅かながらに上がっているのに貧乏になっていくのはなぜか?
それは海外の成長が日本を凌駕しているからです。

当然ながら海外は経済の拡充とともに給料も上がり、物価も上昇し続けています。
日本だけが20年間賃金もGDPもほとんど上昇していません。

つまり輸入品価格は上昇しているにも関わらず、給料は上がらないということになります。

今までは価格を据え置き、内容量を減らすステルス値下げなどでごまかされてきましたね。

 

過去最高益を出す企業

近年の上場企業は過去最高益を出している企業が続出しているとも言われています。
人手不足と言われ、企業の有効求人倍率も高水準となっています。
当然給料も上昇?と思いきや、皆様ご存知の通り日本の賃金はここ数年ほとんど上昇しておらず、今後も上がる見込みはかなり薄い状態となっています。

 

利益の行き先

会社は内部留保・株主配当・役員報酬を優先するため、従業員の給与には一切回ってきません。
内部留保は毎年積みあがり、株主等への分配率も上昇し続けています。

昔は儲かった分を賃金に回していた時期もあったようですが、バブル崩壊リーマンショック東日本大震災民主党政権時代)以降は業績に応じてボーナスで寸志程度の還元が行われるものの、通常の給与については定期昇給以外では増やさない方針を取っている企業が多いです。

しかも、企業内唯一の賃上げ勢力である労働組合が雇用を優先し、賃上げに消極的な姿勢を続けてきた経緯もあります。

転職して賃金アップを望みたいですが、ほとんどの業種で賃金は低下してる状況です。

 

会社で出世する意味はない

会社に身を置いて賃金上昇を望む場合、会社や株主に美味い汁を吸われながら、社内評価を上げてキャリアアップしていくしか方法がありません。

古い風習ばかりを大事にする日本企業では、仕事の実績よりも多く残業して飲み会に参加し媚を売ってるほうが出世できるということもあります。

にも関わらず普通に仕事してるだけじゃ給料は上がらなくて当然だと教えられ、そう思い込まされてる人間も多いです。

いくら頑張ろうと好景気では儲かり不景気では儲からないのに無駄に働かせたがります。
成果が出せないのは労働環境や仕事内容が悪いにも関わらず、部下のせいにする管理者までいるようです。

 

サラリーマンを続ける限り損でしかない

会社という組織に身を置き続けるメリットはほとんどありません。

一番大きいのは年金ですね。若者に老後の問題を煽る政府。2050年には年金制度が破綻するとも言われています。
こんな状況の中、無駄に年金を払い続ける必要性を感じられません。
たしかに年金は長生きへの保険という意味もありますが、70過ぎに貰っても一体年々貰えることか分かりません。
無駄に年金に払い続けるよりも自分で資産を積み上げていくほうが高効率だと言えます。

会社員を辞めてしまうと、家や車のローンが組めなくなりますが、ローンは負債となり自分の首を一生締め続けます。
お金持ちになるためには負債ではなく資産を持つことのほうが大事ですね。

世間の言うように定年まで働き続けるのが本当に正しいことなのか改めて考える必要があります。

しかし無論収入のない状態から資産を作ることはできません。
なので毎月の給料を少しでも資産にし続け、早く不労所得のある生活をし始めたほうが懸命だと思っています。

 

まとめ

  • 会社は社員に還元する気がない

利益が出てても従業員には還元しようとせず、ほとんどが内部留保・株主配当・役員報酬になります

従業員の基本給が上がることはほとんどなく、ボーナスに寸志程度付与されるだけですね

 

  • 出世するほど損をする

役員クラスまで出世できれば別ですが、いきなり平社員が幹部まで昇格するのは非現実的だと言えます

できるかすら分からない出世のために会社で消耗し続ける人生を送ることになります

 

  • 定年まで働く必要はない

70歳まで健康で働ける保証はありません

年金が貰えることに越したことはありませんが、頼れる保険ではないことは確かです

ローン地獄による負債を抱える生活は一生お金の増えない生活に繋がります

早期リタイアに向けて負債を減らして資産を増やすことが大事だと言えます

 

 

いかがだったでしょうか?

毎日死んだ目をしながら同じ建物に向かう生活をし続けても、到底楽しい人生だとは思えません。
今の日本の賃金水準の低さは皆さんもよく知っていると思います。
自分なんてこんな給料で当たり前、転職なんてできないと思い込まされている人も多いみたいですが、本当に今の仕事と給料が見合っているか見つめ直すべきだと言えます。

それでは今日はこの辺で。あでゅーー。
blog_mura_logo