アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【同じことの繰り返し?】毎日会社に通う必要があるのか

はいどうもこんにちは。
毎日毎日満員電車に乗って会社に通い続ける者が美しい。chibamaxです。

本日は毎日会社に通い続ける必要があるのかを考えていきたいと思います。
tsuukin_muda
ほとんどのサラリーマンが毎日会社に通い続ける生活を送っていると思います。

毎日会社に通う生活

毎日同じ時間に起きて同じ建物に向かう生活を送る人がほとんどだと思います。

しかしながら仕事量は毎日必ず同じとは限りません。
仕事の多い日も少ない日も最悪無い日まで会社に行かなければなりません。


サラリーマンである以上決められた時間会社にいることは当たり前だなどと言う人もいますが、本当にその時間は意味があるのでしょうか?

 

ただいるだけ

何も無い日に行っても当然仕事はないのでただいるだけになります。

上の人間はその時間をも有効に使って仕事を探せだの無茶を言い出しますが、はっきりいって必要以上のことはやるだけ無駄だと言えます。
いくら効率良く仕事を行い、早く終わらせても勤務時間は変わらないので帰れるわけではありません。
結局上司や周りは時間内で極限まで働かせようとします。

 

効率良く仕事をこなすほど損

「評価を上げるにはただ仕事をこなすだけではダメだ」などと言いますが、一人がどれだけ頑張ったところでほとんど関係無いと言えます。
社員一人の頑張りでは会社の営業利益に対する影響力はほとんど皆無です。

たしかに全体で生産性が上がれば売上に関係してきますが、それとは比にならないくらい会社の経営方針や景気の影響は大きいです。
不景気では当然ながら売上は落ちます。

売上は世界や日本の景気と需要の影響を大きく受けていると言えます。
会社の経営方針が需要に見合っていない限り大きく成長することはありません。

 

出世しても意味はない

出世すればするほど早々に帰宅しにくい環境となり、無駄に会社に縛られる時間が増えていきます。
役職とは名ばかりで責任ばかり押し付けられてしまい、それに比例して給料が大幅に増えるわけでもありません。
増えた給料の分の対価として更にやりたくないことをさせられてしまい、出世しても会社に依存する度合いが増えるだけで増々労働に縛られる人生になってしまいます。

 

会社で出世を目指せば目指すほどストレスばかりが溜まり、人生が辛くなっていくだけだと言えます。

 

まとめ

  • 毎日会社に通うのは無駄

仕事の有無に関係なく、社員だからと毎日同じ時間に同じ建物に向かわせるのは非効率で無駄な時間です

高速で大容量のデータ通信のできる現代では顔を合わせる会議や発表は必要ないと言えます

 

  • 会社の売上は経営方針と景気で決まる

自分一人がいくら生産性を上げたとしても会社自体の売上にはほとんど影響しません

景気の悪いときに需要のない営業は更に経営の首を絞めることなります

 

  • 出世しないほうが良い

緩く楽しい仕事をし続けるほうが低ストレスで楽な人生を送れます

好きな仕事で自由に生きるならまだしも、70歳まで辛い毎日を過ごし続ける必要はありませんね 

 

 

いかがでしたでしょうか?

高速インターネット通信の普及によってどこにいても遠方の人とのやり取りが可能となっています。
5Gで更なる高速無線通信が可能になると言われている世の中で、わざわざ毎日会社に通って消耗する必要があるのでしょうか?
5Gの時代に満員電車などの社会問題を引き起こす通勤ラッシュははっきり言って無駄です。
無駄に毎日通勤させる会社は即座に方針を変えるべきだと言えますね。

それでは今日はこの辺で。アデュ!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ