アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【高温注意!】ノートパソコンに冷却ファンをつけてみる

はいどうもこんにちは。

パソコン4台持ちのchibamaxです。

 

本日は最近全く書いてなかった、パソコン関係の記事になります。

f:id:chiba373:20191104224527j:plain
chibamaxは現在、

メインのデスクトップPC(Win10)

bot用ノートPC(Win10)

マウスのWindowsタブレット(Win10)

リビングでYouTubeを見るためのノートPC(Win7)

の4台を使っています。

 

今回はリビングでYouTubeを見るためのノートPCの温度対策になります。

TVにHDMIケーブルで接続してモニター化にしています。

f:id:chiba373:20191014211055j:plain

ですが画像の通り、ビデオデッキ部分に突っ込んでいるので熱がこもりやすくなってしまっています。

YouTubeを連続再生しているだけでCPU温度は90℃近くになってしまいます。

(そしてオーバーヒートで案の定強制終了…)

f:id:chiba373:20191014212342j:plain

PCは、2012年製のSONY Vaio Zシリーズ VPCZ14AGJDです。

f:id:chiba373:20191014215318j:plain

古いというものあり、元々発熱が大きくアイドリング時でも5,60℃くらいはありました。

 

対策としてすぐに思いついたのが、PCの下に設置するタイプの冷却ファンですね。

 Amazonで探してレビューを見た感じそれなりによさげなので、

KEYNICE K1738 Notebook Coolerという中華製冷却ファンを購入しました。

     f:id:chiba373:20191014213352j:plain

特徴としては、

LEDモニターに回転数と温度が表示できる

ファンが6個あり、モードによって動かす数を変更できる

LEDの光量・ファンの回転数の調節可能

省電力・静音性に優れている

といった感じでしょうか。

 

箱はよくある中華製にあるような感じでキレイな印象です。

f:id:chiba373:20191014213218j:plainf:id:chiba373:20191014214317j:plain

 

中身は本体とUSBケーブル・説明書のみです。

f:id:chiba373:20191014214619j:plainf:id:chiba373:20191014214636j:plain

裏側には斜めにできる足がありますが、私はPC本体を使わないので常時フラットです。

f:id:chiba373:20191014214735j:plainf:id:chiba373:20191014214801j:plain

安定のMade in China

 

USBを接続して、中央のボタンを長押しすることで起動します。

f:id:chiba373:20191014215051j:plainf:id:chiba373:20191014215110j:plain

ファン回転数と温度が交互に表示されます。

 

LEDの光量は5段階で変更可能ですが、実際はPCを置いてしまうのであまり意味は無い気がします

f:id:chiba373:20191014215523j:plainf:id:chiba373:20191014215621j:plain

左が1で右が5です(わかりづらいですね

 

ファンの稼働範囲は3種類の変更が可能です。

f:id:chiba373:20191014215907j:plainf:id:chiba373:20191014215909j:plainf:id:chiba373:20191014215911j:plain

私は常に全開で使います。

 

では早速設置してみます!!

f:id:chiba373:20191014220142j:plain

 

YouTubeをしばらく見てみましたが、室温20℃くらいで温度は70℃前後で安定するように。

f:id:chiba373:20191014220346j:plain

ちょい負荷がかかると80℃くらいになるといった感じですね。

 

感想としては、

思ったより温度は下がらなかった

というのが本音ですが、これ以上性能を上げるとファンの回転数が上がってしまい、せっかくの静音性が失われてしまいます。

静音性と冷却性はトレードオフの関係ですからね。

しかし見た目は結構いいです!

しばらくこれでいこうと思います。

また進展がありましたら記事にしたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

ゲームなどで高温に悩まされている方は検討してみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で。アデュー!