アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【濁される近代史】日本の歴史の授業について考察する

はいどうもこんにちは。
戦争はいけないこと。はい何回でも言います、レーダ照射されてもロックオンされても例え撃たれても撃ち返してはダメ、常に武器を持たずに丸腰でいましょう。戦争ダメゼッタイ。chibamaxです。

 

以前日本の教育体制についての考察をしましたが、その時書ききれなかった歴史の授業についての記事を書いていきます。
※最初に言っておきますが、私自身も様々な情報を集めて精査した結果の記事となっておりますので、絶対に正しいとは限りません。何事も鵜呑みにせず、自分で調べるようにしましょう

皆さん基本的に歴史の授業を受けたことがあると思います。気づきましたか?とても大事な近代史はさらっと流すだけ。大昔の資料も大して残ってないような古い話には無駄に力を入れる始末。バレると何かまずいことでもあるんですかね??
受験に出ないということは、国家ぐるみでの隠蔽工s…f:id:chiba373:20191012234906j:plain
縄文時代などに詳しくてもほとんど無意味ですが、現在でも問題になっている韓国や中国との関係の背景にある世界大戦や冷戦時代の近現代史はとても重要となっています。
なのにも関わらず、ほとんど教えられません。

隣国との国際問題は全てこの頃の出来事が原因なので、本来では時間をかけて行わなければならないはずが、大体の人が「過去の日本は過ちを犯した、戦争はいけないこと」くらいの認識しかありません。

中国や韓国は日本人は過去の歴史をキチンと認識すべきと言ってますが、本当にその通りですね。
(無論、日本は言われているほどの悪行をやってないという歴史です)

主な理由とはしては、
様々な意見や見解が存在するため、詳しく話せない
情報の不確実さに関しては、更に昔のほうがもっと不確実です。鎌倉幕府の「1192年が1185年になったり」とかなり曖昧なまま教え続けているのがその事実。これは後述のための言い訳だと思えます。

受験に出ない
教師も自分の評価が下がるのは困るので、限られた時間では学ぶために教えるのではなく、進学させるために教えているという実態があります。教員のモチベーション低下に関する問題もありますね。

親や反対勢力(それは日本人?)からのクレームが怖い
恐らくこれが一番の理由だと思います。教員もそうですが、学校や文部科学省も歴史教科書問題を恐れています。
噂では日教組だとか隣国からのお達しとかありますが、隣国の方々の教科書はやりたい放題で”自分達に都合のいい歴史”を子供達に叩きこんでますね。(この辺についてはまた後ほど)

そして大分絞り込まれた情報の中で教えられるのは、
戦争を始めたヒトラーや日本が全て悪い
こればかりという印象。
日本が戦争を始めることになった理由については、絶対に教えてくれません

TVや新聞しかない時代は情報統制により隠蔽され続けてきましたが、ネットの普及により徐々に真相が広まりつつあります。(GHQ占領政策WGIP説ですね)

        f:id:chiba373:20191012171320j:plain

しかし日本では教育委員会や父兄達からのクレームを恐れ、敗戦後のGHQによって隠蔽されている真実に触れることができません。
※後にマッカーサーは日本は自衛のための戦争をしたと語っています。占領政策についても本国からの命令通りにやってたとも言われています。
(そのうちWar Guilt Information ProgramWGIPについても書きたいと思っています)
 
日本人は良くも悪くも真面目で、命令に対して従順な民族性があります。
(空襲や原爆投下を行った"敵軍が悪い"のではなく、戦争を始めた"軍部が悪い"と教えられてるのがその例です)
そして、こういう教育に対しての反論に対して
嫌悪感を感じたり、「考え方が右寄りだ、何を言っているんだ」
と思う方がいるとすれば、戦後教育の賜物です。

結局近代史に関しては教えることよりも「教えないことが大切」とされています。

よって今の日本人はメディアの「日本は悪」という偏向報道によって誤ったなんとなくの歴史認識をしてしまい、「なかぐに・からくに」に言われてもただ鵜呑みにしてしまうという状況だと思い込んでいます。

例えば、南京大虐殺については教えますが、その後の毛沢東による政策で数千万単位で自国民に死者が出ていることは教えません。
なんなら冷戦の起こった原因や資本主義と社会主義も全く教えられません。
f:id:chiba373:20191012233734j:plain
南京大虐殺の時代はまだ中華人民共和国ではなく、中華民国(現台湾)でした。
1949年に台湾に逃れた国民党党首の蒋介石は、「南京大虐殺は抗日戦争時の反日プロパガンダであり、実際はなかった」との証言をしています。
台湾が親日であることからこの証言の信憑性は高いと思っています。
 
1910年の韓国併合についても"植民地"という表現が使われています。
日本は韓国を侵略して反対勢力を抑えつけ無理やり植民地化したみたいな教え方しかしませんが、土地の整備や教育政策によって荒廃していた農地の整備・識字率の増加などにより朝鮮半島を豊かにしたという意見もあります。朝鮮語を奪ったと言われていますが、朝鮮語の教育も行っており文化も認められていたという反論もあります。
f:id:chiba373:20191012233851j:plain
この辺の話はとても長くなってしまうので、また今度詳細について記事にしたいと思います。
 
結局現代の教育に関して言えるのは、
教師は所詮雇われの労働者
であるということ。

f:id:chiba373:20191012235312j:plain

上に言われたことをそのまま実行し、余計なことはしない。自分の保身のために近代史は詳細に教えられずに曖昧なまま(日本人が全て悪かったとして)さらっと濁して終わらせてしまってます。
 
今まではTVやラジオ・新聞などのメディアが主流で他国への指摘や批判を抑え込み、日本の悪口だけを流していましたが、インターネットの普及によって今まで隠蔽されていたものが流出しつつありますね。(YouTubeも最近徐々に規制がかけられつつありますが…)
 
 
いかがでしたでしょうか?
なかぐにやからくにに散々言われていますが、今後はしっかり反論できる人間を教育するというのも大事だと思います。教育の改革によって既存の教育方法の誤りを正されることを願うばかりです。
それでは今日はこの辺で、あでゅーーーーーー