アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。


【株価暴落に備えよ】リスクに対応できる体制を取ろう!

はいどうもこんにちは。
株は長期保有が基本と思いつつも怖くて毎日チャートを見てしまうchibamaxです。

本日は株のリスク回避の手段をご紹介していきたいと思います。
f:id:chiba373:20191202011559j:plain
株のリスクはやはり突然の暴落。
バブル崩壊リーマンショックがよく例に挙げられますね。
その時株で失敗し、離脱した人が大量発生したみたいです。しかしその後のアベノミクスまで続けていた人は大儲け。何が起こるかは(一部の人を除き)誰にも予測できません。

暴落のリスク

またリーマンショック級の暴落が来たらどうするの?株なんて危険。なんて言う人もいますが、正直そんな暴落きたら仕事しててもいつ首切られるか分かりません。
ラリーマン一本も絶対安定とは言えず、いきなり職を失うリスクというのがあります。
どんな投資をするにしてもリスクはつきものとなってきます。

暴落の仕組み

暴落には様々な理由があります。
地政学的リスク指標発表などがありますね。

指標が出てなくてもふとしたきっかけ(トリガー)で落ちることがあります。
暴落が瞬時に起こる理由は、

大口によって大量に株式が売られた場合などで株価が下落

信用・先物取引で強制決済が発生しさらに下落

機関投資家などが下落に気づき売り注文が殺到

手放さない一般トレーダーの心理的不安により握力が弱まり現物が大量に投げられてしまう


株やキャッシュを証拠金とする取引は強制ロスカット機能があるためトレーダーの意思に関係なく損失が大きくなると自動で決済されてしまいます。
これらのことが一瞬にして起こるため、あっという間に大暴落が起きることになります。

落ちすぎて安くなると逆に買い注文が入ることになり暴落が止まります。
他にも配当利回りの上昇による買い支えもあります。

無論大株主が大量売買を行って利益を生み出す行為は相場操縦という違法行為になります。

暴落(暴騰)が激しすぎで買い(売り)注文が無くなってしまった場合、値動きは凄まじいことになるので取引所が取引を止める(CB:サーキットブレイク)こともあります。

暴落への対策

株が暴落した時の対応によって生き残っていけるかどうかが決まりますね。

f:id:chiba373:20191210000407p:plain

即売る・買い増す・静観(お祈り)しかないように見えますが、信用取引先物取引を使って空売り(ショート)注文を行うことにより現物が下落しても先物の利益により現物の損失を相殺できます。

高い時に売って安くなったら買い戻す行為(現物取引では不可能)
暴落してもただ我慢する必要はなく、株や残しているキャッシュを担保に空売りで利益に繋げることができるというわけです。

ショーターと呼ばれるトレーダーは暴落時に莫大な利益を出しています

ただし大幅な暴落は必ずどこかで反発が起きます。その時に空売りしてしまうと大損してしまいます。

  • 海外株式

長期で見ると、日本の人口は減少して高齢者の数は増えていきます。
それにより日経株が落ちてくるという未来が見えます。
なので外国株を保有するという手段もあります。
※ただしその国の税と日本の税の二重課税されてしまうデメリットもあります。<
日本の株の税率は20.315%(所得税15.315%・住民税5%)で固定されています。
(米国株は10%です)
※高いようにも見えますが、仮想通貨などは雑所得として通常の税率が適用されるので最大55%にもなります。

1社の株を大量に保有するのではなく、様々な企業に分散して投資を行います。
それにより不祥事等で暴落が起きても損失を抑えることができます。
しかし日経全体で下落している場合、全ての銘柄が下落することもあり得ます。

  • キャッシュで保持

資金を全て株で保有するのではなく、
現物取引だけでなくリスクヘッジ先物信用取引も行っていると思われます。
債券を購入しておくという手段もありますね。

仕事は続ける

労働を続けるというのもリスク回避になります。
暴落でお金を失ってしまっても給料を生活費に当てることができ、今後もまた株を買い増していくことができます。
(現在の仕事がキツいのであれば、好きなことで稼ぐという手もあります)
安定した収入があることはやはり重要だと言えます。

 

まとめ

  • どんな株(投資)でも暴落のリスクはある
ただ暴落を眺めているのと暴落への対応をするのでは天と地の差がありますね

  • 暴落には種類がある
上昇に対して暴落は一瞬にして起きます

  • 暴落への対策を行っておく必要がある
持っているポジションの額が大きければ大きいほど暴落時の損失は大きくなります
暴落が起きることを予測したポジション取りやリスクヘッジが必要ですね


いかかでしたでしょうか?

株は突然暴落するから危険だ。大損するからやらないほうがいい。という意見もありますが、暴落には必ず理由があります。
そして暴落を利用して更に利益を上げることもできるのです。

それでは今日はこの辺で。あでゅー!

【株主還元意識?】高配当・長期増配の米国株式を紹介してみる

はいどうもこんにちは。
株式会社は日々頑張る社員によって構成されています。chibamaxです。

 

本日は高配当米国株の紹介をしていきたいと思います。

f:id:chiba373:20191203212222j:plain

アメリカは日本に比べて株主還元意識が高いと言われていますね。
日本の主要企業の株は日経平均吊り上げのために政府が買占めt…

米国株式の特徴

日本株との違いは配当の回数と株主優待の有無です。
配当が年4回(四半期配当)の企業が多いですね。
日本はほとんどが年2回か1回です。
アメリカでは株主優待が(実質)無い分、高い配当金が分配されます。

 

長期で増え続ける配当金

高配当株が多いだけでなく、安定した収益を出している大企業は長期的に増配する企業が多いのも挙げられます。
連続増配年数が何十年も続いてる企業も多いですね。
長期的に保有する人にとっては短期的に配当金が多くても、業績悪化等ですぐに下げられてしまっては意味がありませんからね。(どこぞの日○自動車とは言いませんが

 

どこに目をつければいいか

配当金の額に目がいきがちですが、企業の需要や業績、連続増配年数などにも注目しなければなりません。

f:id:chiba373:20191203213732j:plain
ちなみに米国では株取引の税率は10%ですが、日本に住んでいると米国(10%)と日本(20.315%)の二重課税がかかってしまいます。(アメリカに引越そ…)

 

おすすめの高配当株

お待たせしました。
ここからがおすすめ銘柄の紹介です。
情報は2019/11時点のものです。

 

●アルトリア・グループ(Altria Group)

f:id:chiba373:20191203221625p:plain

ティッカー:MO
配当利回り7.15%
時価総額(百万ドル):90,305.23
マーケット:NYSE
連続増配:49年間
概要:タバコ(マルボロなど)やワインの製造業の子会社を持つ持株会社です。

 

●オキシデンシャル・ペトロリウム(Occidental Petroleum Corp)

f:id:chiba373:20191203221828p:plain

ティッカー:OXY
配当利回り8.28%
時価総額(百万ドル):35,107.38
マーケット:NYSE
連続増配:15年間
概要:国際的な石油及びガスの探査及び生産会社であり、米国、中東及びラテンアメリカで事業を展開しています。

 

●AT&T(AT&T Inc.)

f:id:chiba373:20191203221920p:plain

ティッカー:T
配当利回り5.36%
時価総額(百万ドル):289,497.20
マーケット:NYSE
連続増配:34年間
概要:電気通信・メディア系の持株会社であり、インターネット、移動媒体通信サービスを世界的に提供しています。

 

エクソンモービル(Exxon Mobil Corp)

f:id:chiba373:20191203222008p:plain

ティッカー:XOM
配当利回り5.05 %
時価総額(百万ドル):293,511.80
マーケット:NYSE
連続増配:36年間
概要:世界中に展開し、石油化学製品及び各種専門製品の製造・販売を行っています。

 

フィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International)

f:id:chiba373:20191203222146p:plain

ティッカー:PM
配当利回り5.61%
時価総額(百万ドル):
マーケット:NYSE
連続増配:11年間
概要:タバコの製造・販売会社であり、マルボロフィリップ・モリス、メリットなどのブランドタバコを世界中に展開しています。

 

●PPL(PPL Corporation)

f:id:chiba373:20191203222226p:plain
ティッカー:PPL
配当利回り4.91%
時価総額(百万ドル):24,330.06
マーケット:NYSE
連続増配:17年間
概要:公益電力持株会社であり、アメリカ、イギリスで電気や天然ガスを供給しています。

 

●アッヴィ(AbbVie Inc.)

f:id:chiba373:20191203222722p:plain

ティッカー:ABBV
配当利回り5.37 %
時価総額(百万ドル):127,252.6
マーケット:NYSE
連続増配:6年間
概要:研究開発型バイオ医薬品企業であり、医薬品の開発などを行っています。

 

●ウィリアムズ(The Williams Companies Inc.)

f:id:chiba373:20191203222803p:plain

ティッカー:WMB
配当利回り6.86%
時価総額(百万ドル):27,028.69
連続増配:-
マーケット:NYSE
概要:天然ガスや液体天然ガス(NGL)を扱う会社で州間をパイプラインで繋なぐエネルギー・インフラ会社です。

 

フォード・モーター(Ford Motor Company)

f:id:chiba373:20191203223138p:plain

ティッカー:F
配当利回り6.74%
時価総額(百万ドル):35,485.83
連続増配:-
マーケット:NYSE
概要:大手自動車メーカーでフォード・リンカーン、ブランドの車を世界で販売しています。

 

シュルンベルジェ(Schlumberger Limited)

f:id:chiba373:20191203223627j:plain

ティッカー:SLB
配当利回り5.82%
時価総額(百万ドル):48,024.46
連続増配:-
マーケット:NYSE
概要:油田探査および、各種油田探査用計測機器の開発・製造をコアビジネスとする企業であり、最大級の多国籍企業です。

 

クラフト・ハインツ(The Kraft Heinz Company)

f:id:chiba373:20191203223725p:plain

ティッカー:KHC
配当利回り5.11%
時価総額(百万ドル):37,868.19
連続増配:-
マーケット:NASDAQ
概要:大手食品持株会社であり、食品・飲料製品の製造・販売を行っています。

 

まとめ

  • 米国株式は株主優待制度がないが、配当回数が多く、高配当株が多い

日本よりも株主還元意識が高いと言われていますね
それに米国株は税率が10%(※日本に住んでいると+20.315%の約30%取られます)と日本の半分です

 

  • 長期増配する株が多い

アルトリア・グループは49年連続増配していますね
それでもって配当利回りは7%前後です

 

  • 米国株式はドル建てでしか買えない

当たり前と言えば当たり前ですが、米国株を購入するのには一度日本円でドルを購入しなければなりません
つまり配当金や決済差益もドルで受け取ることになります
そのときの為替レートも利益に関わってくるということですね

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今後の日本は人口の高齢化が進んで労働人口が減少しつつあります。
その上経済の低迷が続いていますね。

今現在世界を牽引するのは米国企業でそこに中国企業が追従する形となっています。
二重課税を差し引いても米国株式には魅力があると言えますね。

 

それでは今日はこの辺で。あでゅんぷ。

【配当利回り20%!?】マクセルホールディングスについて考察してみる

はいどうもこんにちは。

株は安いときに買って上がったらすぐ売ればいいんでしょ!?簡単簡単。chibamaxです。

 

本日は今株主にとっては熱い、マクセルホールディングス(マクセルHD)について考察していきたいと思います。

f:id:chiba373:20191202212420j:plain

マクセル(maxell)と言えば皆様、特にパソコン好きの方は聞いたことがあるのではないでしょうか?

マクセルホールディングス(マクセルHD)とは

maxellは元々、記録メディアや電池を中心とした電気機器メーカであり、乾電池や磁気テープの販売では有名な企業でした。

f:id:chiba373:20191202212640p:plain

資本面では日立製作所の子会社であった時期もありましたが、現在ではマクセルグループを統括する持株会社となり、子会社のマクセル株式会社が電池、磁気テープ、光学部品、理美容、健康、医療などの製造・販売、CD、DVDなどの光ディスクの販売事業を行っています。
(一部wikipediaより引用)
 

株主への大還元

2019年4月26日にマクセルHDは2020年3月期の年間配当を286円(前期は36円)にすると発表しました。2021年3月まで株主還元を強化することを決定しました。
普段は配当を出していない4~6月期末に、今年は一時的な特別配当との考え方で250円を株主に還元しています。
配当総額は約130億円と前期の純利益(53億円)の2.5倍、年間配の7倍にもなります。
勝田善春社長は以前から株主還元を考えていたそうです。2019年12月現在、株主への大還元後にマクセルHDの株価は元の水準へ戻ってしまい1500円前後で推移してます。
 

株を買うべきか

個人的には株主還元意識が低い日本でこういった大還元をするのは良いことだと思っています。
なぜなら株式会社とは、そこで働く社員や顧客のためものではなく、リスクを背負って株式を買ってくれている株主のためのものだからです。
そして高配当株は会社の利益を損なうリスクにもなりますが、株価暴落の抑止にも繋がります。株価がさがれば配当利回りは更に増え、買い支えが入りやすいからです。

現在の日本株式は、国が大企業の株を買い増すといった状況になっており、海外からの出資者が減っている状態です。
しかし海外投資家からは、新たに打ち出した株主還元への姿勢が評価されているため、注目が集まっています。

もし、150万円の銀行貯金をしていた場合、年1%の割合で物価上昇する日本は実質1.5万円の損失となります。

マクセルの株を1000株(約150万円)保有していた場合は、なんと年間28万(-税金)もの不労所得が発生するわけですね。

しかし2020年3月までの年間配当が286円のため、今株を買っても通常配当の36円しか貰えません
今現在は買うべきかは微妙なところですが、2019年度の業績や来年以降の株主還元の状況を見て買っていくのはアリだと思います。

高配当のリスク

高配当状態を維持できれば株価の安定に繋がりますが、今回のように特別還元という形ですと配当が決まった瞬間に売る人が続出して株価の暴落に繋がってしまいます。

長期的に安定した運用がしたい場合は、現在の配当利回りだけ見るのではなく過去の配当金を見る必要があります。
配当金が大きく上下している株は長期保有には向かないリスキーな投資になってしまいます。

長期増配株で高配当な株を狙うのが安定志向であるといえますね。

 

まとめ

  • マクセルHDは2019年4~6月に株主への大還元を実施した

今後も株主還元意識が高ければ海外投資家含めて出資者が増える可能性もあるため、日本企業への注目が集まるかもしれません

 

  • 高配当株は株価の安定や上昇に繋がる

株価が下がれば配当利回りは増えるため、株の買い支えに繋がります
しかし配当金引き下げによる株価暴落のリスクもあります

 

  • 長期保有であれば連続増配株を買うべし

配当金が激しく上下する銘柄は短期売買となってしまい、投資のリスクを高めることなります
株は基本的に長期保有が望ましいので、連続増配銘柄を狙うべきとも言えます

 


いかがでしたでしょうか?

 

一時的とはいえ、マクセルHDのように株主に大還元をする企業があると日本経済から離れつつある海外投資家から再度注目が集まってきますね。
配当金(不労所得)によって自分自身も投資の恩恵を得られます。
早期退職・セミリタイヤを目指す人にとっては必須の収入源とも言えますね。
これを機に高配当銘柄を買って配当金生活を目指してみるのもよいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。アデュ!!

【時は金なり?】人生の時間を有効に使おう!シリーズ

はいどうもこんにちは。

通勤往復4時間?社会人なら当たり前だろ。甘えるな。chibamaxです。

f:id:chiba373:20191202014404j:plain

 

人生の無駄な時間

サラリーマンをしていると、通勤や休憩など会社のために使っている時間にも関わらず給料の発生しない無駄な時間が発生してしまいますね。

 

就職するための勉強

良い大学に入って就職するためだけの勉強を行う日本では、お金と時間と労働を相対的に見る勉強を教えてはくれません。

お金という縛りによって長時間労働をさせることが目的と言えます。

 

様々な弊害

自由時間の制約によって睡眠不足ややりたいことができないなどの様々な弊害がでてきます。

 

考え方を改める

人の下で働き続けるという考えを変えないと、一生労働し続ける人生になってしまいます。

 

お金持ちは働かない

お金を持っている人ほど働くことはなく、自由な時間が多いと言えます。

なぜなら他人や資産が勝手に働いてお金を増やしてくれるからです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

サラリーマンである限り、人生の大半の時間を無駄にしていると言えます。

自分の時間を犠牲にする労働以外でも稼ぐ手段はいくらでもあります。

人生の限られた時間をどれだけ有効に使えるか、よく考えるべきと思います。

 

それではこの辺で。あでゅまる。

【投資はギャンブル?】投資がタブー扱いされているのはなぜか考察してみる

はいどうもこんにちは。

投資は危険だ。ギャンブルだ。コツコツ銀行貯金をしなさい。chibamaxです。

 

本日はなぜ世間では投資がタブー視されているのかを考えていきたいと思います。

f:id:chiba373:20191129222253j:plain

職場でパチンコや競馬の話をしてる人達はよく見かけますが、株やFXはご法度とされている傾向があるようです。

投資は危険?

日本人のほとんどは投資に対して警戒心を持ち、働いてコツコツ稼ぐことを勧めてきますね。

ですが日本のほとんどの人間は投資を敬遠しつつも投資家の出資によって成り立っている"株式"会社にて働いているのです。

自分達の稼ぎのほとんどは株主還元されているということにも気づかずに働いている人が多いようです。 

 

銀行貯金の脆さ

ほとんどの人が行う銀行貯金ですが、逆にお金持ちは銀行にはリスクマネジメントで必要最低限の現金ポジションとして預けているたけです。

海外の金利の良い銀行であればまだしも、日本の銀行に大金何年も預けるメリットは皆無と言えます。

 

ギャンブルと投資の違い

投資とはそもそも将来性に期待して出資をするものです。 

f:id:chiba373:20191129222703p:plain

低リスクで長期的な運用が理想とされていますが、投資をよく知らない人が短期で増えない資産運用のリスクを自ら高めてしまい、結果的に投機というギャンブルにしてしまっているのです。

投資は短期的に利益を出すギャンブルとは根本的に違うと言えます。

 

ネット上で知り合いを作る

投資に対して消極的な職場の人とはあまり付き合わず、投資を行っているネット上の知り合いを作るようにすべきだと言えます。

情報交換などができ、自身の利益にも繋がります。

f:id:chiba373:20191129222455p:plain
正直職場で優秀とされる仕事人間を目標にするよりも、ネットにいる投資で成功している人を目標にしたほうが遥かに勉強になると言えますね。

 

まとめ

  • 自分達が勤めている場所が投資家による出資の元成り立っているところにも関わらず、会社内で投資はご法度という傾向がある

会社という組織は株式を発行することによって経費を確保しているにも関わらず、株式投資はタブー視されています

 

  • 投資とギャンブルは似て非なるものである

ギャンブルは短期でハイリスクな賭けであることに対し、投資は長期的に保有できる資産を持つことです

将来への期待によって5年、10年単位で保有し続けるものが多いです

 

  • 投資について語り合える仲間を作る

会社内では中々そういった知り合いを作ることは難しいでしょう

自分から話すと「あいつはギャンブルをしている」などと白い目で見られてしまうかもしれません

ネットでは様々な人と交流することができ、同じように投資について話し合える人も数多くいます

そういった人との情報交換が自身の学習にも繋がることになります

※投資の勧誘話には気をつけるようにしましょう

おそらく"99%"詐欺です

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

投資している人間をギャンブラー扱いしてくる、会社のために生きているような社畜人間とは永遠に分かり合えることはありません。

自分が投資で稼ぐためのお金を製造するために利用していると割り切ってそれなりの労働をしていればよいのです。付き合う必要はありません。

そういった"他人のために働き続ける人"は見習わず、"自分のために働いている人"を参考にしましょう。

 

それでは今日はこの辺で。アデューん!