アーリーリタイア(脱サラ)を目指す人のぶろぐ

労働者を早期にリタイアし、お金がお金を生み続ける資産を持つのが目標です。

【税金は6割】節税できないサラリーマンはオワコンという話

フリーランスなんて危ない!定年までサラリーマンするのが安泰だ!!

皆さんこんにちは。何を買っても実費になるリーマン終わってると思うchibamaxです。

 

実費

 

日本の教育ではお金の勉強が一切行われません。

それどころか就職しても教わることはなく、死ぬまでお金の仕組みを知らずに死んでいく人間がほとんどです。

 

理由は簡単です。

何も考えずに思考停止して死ぬまでただ働き続けて税金を収め続ける人間が国(政府)にとって一番都合がいい存在だからです。

つまり国民がお金の勉強をして賢くなってしまうとお役人としてはとっても都合が悪いのです。

 

資本主義社会においてサラリーマン(労働者)が不利だと言われる要因は節税が一切できないからです。

更には源泉徴収制度という会社が税金を自動計算することにより確定申告が不要になるという一見楽に見えるシステムがありますが、実態は税金に詳しくなることのない悪魔的システムなのです。

 

上記の理由から、会社員をしながら収入を上げていっても弊害ばかりだと言えます。

労働者の場合、収入が2000万を超えると源泉徴収制度などの節税制度が適用されなくなります。

それに対して個人事業主や法人は、事業に関係するのであれば家や車は全て経費となります。

家を会社にしている場合、光熱費なども経費となります。

 

サラリーマンをしながら家や車を買うと全て実費となり負債にしかならず、ローンや維持費によって延々お金の増えないラットレース人生となるのです。

 

そして残念ながらサラリーマン一本で収入を上げようと努力しても、何年何十年もかけて出世することが必須となります。

 

裁量労働制なんてものは一部の職種に限られ、結局ほとんどの会社は年功序列で給料は徐々に上がっていくものとなっています。

 

日本全体の平均年収は450万ほどで、20代の平均年収は350万くらいです。

30代では450万ですが、10年間働いても100万ほどしか上がりません。

10年間で物価は1.2倍~1.3倍は上がっているので、ほぼ物価上昇分上がっているだけで実質昇給していません。(単純計算できませんが)

 

物価上昇分しか上がってないので当然ながら生活水準も全く変わりません。

50代で650万ほどになりますが、30年間で物価は2倍にもなります。

物価上昇とともに給料が上がれば問題ありませんが、ここ30年間で日本だけ賃金が全く上がっていません。

 

会社は安定した収入が得られる代わりに給料は年功序列制で、いくら努力しても全く賃金は変わりません。

収入を上げるために必死に努力すべき対象は、会社ではなく自分のビジネスだと言えます。

会社員とは違い、努力次第では数年で何倍にも収入が増える可能性もあります。

実際に起業して20代で億を稼ぐ人がいるなど、会社員より遥かに夢のある職業だと言えます。

 

会社員をしながら個人事業をする方法もあります。

それは雇われではない副業です。

サラリーマンをしながら日雇いのバイトなどは疲れた身体に鞭を打つようなものであり、正気の沙汰ではありません。

自分だけでビジネスを行う副業は頑張れば頑張った分全てストレートに収入に直結するので、努力が給料に反映されるのがすぐに実感できます。

 

資本主義社会で稼いでいくにはサラリーマンという職業は圧倒的に不利でしかありません。

いくら努力を重ねても年収は年月を重ねて出世しない限り上がらず、稼げるようになっても節税できないサラリーマンには所得税が重くのしかかります。

楽しいはずの若い時の時間は、ほとんど会社に奪われることになります。

出世するために全力を捧げるより、仕事を程々にして副業をしながら個人事業に繋げていくことに努力を注ぐべきだといえます。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。節税!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。

【ハイレバ戦闘民族】高レバレッジが危険と言われる理由

高レバは危険だ!!FXは危ないからやるべきじゃない!!

皆さんこんにちは。chibamaxです

 

ハイレバ

 

FXで破綻する原因にハイレバレッジが挙げられますが、実はハイレバ自体が危険なわけではありません。

 

FXが危険と言われる要因は利確は無限、損切は有限(強制ロスカットだからなのです。

 

レバレッジは使い方によってはリスクを最小限に抑えて利益を出すことができます。

(無論使い方を間違えれば危険です)

 

レバレッジ証拠金取引において実際に注文できる数量よりも多く注文することができるシステムとなります。

つまり簡単に説明すると、購入に1万円必要なものでもレバレッジ100倍なら100円で購入することができます。

 

なお高レバが危険と言われる由縁は上記のような行為(最大注文数で取引をする)を行ってしまうからです。

 

さっきの話で例えると、

証拠金100円で買った時が10000円だとして相場の変動により9950円になった場合、

維持率50%となり、強制決済されてしまい残証拠金は50円となってしまいます。

 

少額なのでピンと来ないかもしれませんが、資金を1/2に減らすというのは大損害です。

つまりレバレッジを最大限利用してしまうとあっという間にロスカットされてしまいます。(逆に勝てばすさまじい資産の増え方となります)

ですが、実際にそのような環境で継続して勝ち続けられるのはごく一部の人のみでほとんどの人はこの方法でお亡くなりになっています。

 

基本的にレバレッジありきの高ロット注文ではなく、自分の証拠金や相場の動きを元にロット数を計算すべきだと言えます。

そのため、ロット数に応じてレバレッジを最大限に使うときもあれば、少なめで大丈夫なときもあります。

そして損失額を計算した損切り位置を決めることにより継続してトレードを行うことができます。

 

絶対に勝てるなどの確信があれば高ロットの注文を行ってもよいと思いますが、あまりおすすめできません。

ルールに則ったトレードにより、一撃で大儲けするよりもトータルでプラスにしていくほうが一発退場するリスクもなくなります。

 

無論、自分に合ったトレード方法を探すのが一番よいのではないかと思います。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。ハイレバ!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。

【短期売買】FXのスキャルピングで勝てない理由

短期売買でどんどん利益を積み上げてくんじゃ!勝率は50%なんだ!!

皆さんこんにちは。FXのスキャで全く勝てないchibamaxです。

 

スキャルピング

 

FXのスキャルピングトレードとは、基本的に1分足や5分足などの短い足でトレードをする手法でポジションを持つ時間は非常に短く、利益が出たらすぐに決済します。

簡単にいうと剥離多売のようなものでトレードの積み重ねによって資産を増やすトレードです。

 

FXを始めたばかりの人ほどポジションを持ちたくなってしまい、なんとなくで売買をしてしまうことが多いです。

これをポジポジ病と言います。

 

ほとんどの取引所が手数料無料を謳っていますが、実際はスプレッドというものがありそれが手数料となっています。

一回のトレードにつきスプレッド分の手数料が発生してしまうということなのです。

つまりトレードの回数を重ねるごとに手数料が増えていくのです。

 

同じ100pipsを取ったとしても1回で取るのと何度も売買を繰り返して取るのでは取られる手数料の額が変わってくるのですね。

 

そして短期トレードの場合、予想が非常に難しくなってしまい、長期的にトレンドが発生していたとしても短期では逆に行ってしまう可能性もあります。

時間足を短くすればするほどギャンブル性が高くなってしまうのですね。

 

短期で大きな利益を上げようとすると高lotでのトレードとなります。

もし仮に大勝できたとしても、同じ条件で何度もトレードを行うことによって大負けしてしまい一発退場してしまうのですね。

 

そして何度も取引を繰り返すので一日中相場に張り付いてなければなりません。

兼業トレーダーや家事などをしなければならない人にはあまり向いていないのです。

 

さらには短期で売買を繰り返していると、取引所から規約違反と認定されてしまい、口座を凍結されてしまう可能性まであるのです。

 

以上のことから私は基本的にスイングトレードを行っています。

 

しかしながらスキャルピングトレードで凄まじい利益と叩きだすトレーダーも多くいるもの事実です。

一番の理想は自分にあった手法でトレードすることなのですね。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。社畜魂全開!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。

【パンデミック】社畜魂は今すぐ捨てるべきという話

自粛要請でも会社からは何も言われないからとりあえず通うんだ!

皆さんこんにちは。コロナをものともせずに毎日出社する社畜やばすぎると思うchibamaxです。

 

f:id:chiba373:20200129212835j:plain

 

新型コロナウイルスと言われる肺炎患者数が中国湖北省武漢市を中心に世界中に広まり、日本でも感染者が出るなど猛威を奮っていますね。

そんな中でも日本の社畜の方々はウイルス感染が怖いからマスクつけて消毒しようと、根本的に会社を休むという選択肢を取ろうとしません。

これは日本の同調圧力によるものでもあります。

何があっても会社に行かなければならないという同調圧力によって休むこと自体が悪とされているからです。

冷静に考えて、わずか10万・20万の給料のために新型ウイルス感染リスクのある外出をする意味があるのか疑問です。

ただでさえ通勤や満員電車で消耗するというのに、少ない賃金のためにウイルス感染による死亡リスクすら背負わなければならない風潮があるのが日本なのです。

現代の会社であれば全員を毎日出社させる必要はなく、危険と判断すれば出社させないのが会社として当然だと言えます。

とはいえ、他人に是正を求め続けても改善されることはほとんどありません。

なので自分の背負っているリスクや毎日の消耗が本当に今の仕事や給料に見合っているのかを考え直し、会社を辞めるという選択肢を持つ必要があるのです。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。社畜魂全開!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。

【思考停止するな】日本経済は発展しない貧乏人製造機だという話

仕事はとにかく我慢だ!会社を辞めずに通い続ければいつか幸せになれる!

皆さんこんにちは。仕事=我慢だと思いこんでる老害と話が全く合わないchibamaxです。

 

思考停止

 

低迷する日本経済に対して世界経済は成長し続けていますね。

 

労働する若者に対して高齢者の数がどんどん増えていきます。

それに対して若い世代は減り続けます。

つまり働く人間が減り、働けない人間が増え続けるということです。

高齢化社会によって日本の未来は絶望的なのです。

政府が方針を変えない限り日本の国力は衰えていくのは明白です。

今の若者に定年はないなんて話もあります。

 

 

基本的に今の日本の教育はサラリーマン教育で、一方的に大人の考えを押し付けるものです。

仕事が辛かろうが、給料が安かろうが死ぬまで黙って働き続ける機械のような人間を作り続ける工場が今の学校です。

要は教科書の内容をただ暗記し、"とりあえず"有名大学には入って"とりあえず"大企業に就職できればいいという教えを受けます。

それによって子供たちは自分でやりたい仕事で稼いでいくことをせず、言われるがままに定年まで働くマシーンになるわけです。

今の教育は個人の主張を無視した、言われるがままに定年まで働き続けさせる教育であると言えます。

 

人に押し付けられた勉強や仕事が面白いわけもなく、働くことに気概を持つことなく、ただ働かされて疲れるだけの人生を送ることになります。

 

今の日本の会社を運営する経営層は若者の賃金アップに消極的で、ほとんど給料を上げようとはしません。

にも関わらず、効率化や経費削減などには積極的で今の若者は低賃金ながら高パフォーマンスであることを強要されます。

つまりほとんど上がることのない給料に対して「いずれ上がる」などと淡い期待を持ち続けてしまいます。

 

日本経済の停滞は今に始まったことではなく、バブル崩壊で始まった平成期は失われた20年と言われており、日本経済の低迷は大分前から始まっていました。

リーマンショック以降、日本企業は賃金上昇に対して消極的な姿勢と取り続けています。

唯一賃金アップを要求できる労働組合も会社の経営陣に手懐けられている状態です。

給料の低下によって消費は落ち込み、企業は売上を上げることを諦め、無駄なものを徹底的に削るコストカット戦略にシフトしました。

それにより現在の低迷する日本経済の仕組みが完全に出来上がりました。

 

日本の経済は停滞していますが、世界は違います。

中国やインドなどの新興国は、どんどん成長し、GDP(国内生産)は2019年現在は中国が2位で日本が3位ですが、2030年にはインドが3位になると言われてます。

つまり給料が上がらず消費の落ち込む日本経済に対して、世界では給料は上がり続けて消費も増え続けるという逆転現象が起きています。

消費が上がるということは当然物価も上がります。

つまり日本産品の物価は上がらずとも輸入品価格は上昇し続けます。

日本は資源の乏しい国であり、ほとんどを他国からの輸入に頼っています。

 

つまり輸入インフレによって物価だけが上昇し続け、給料は増えないという最悪の状況に向かっているわけです。

 

 

成長する世界経済は停滞する日本経済悪化に拍車をかけ、日本の貧困層をますます貧しくさせるのですね。

 

日本は世界的に見ればお金持ち国家です。

しかしその中ではお金持ちが貧乏人からお金を搾り取る「ゼロサムゲーム」が行われているわけです。

 

今のままでは、"日本という国の未来は暗黒"であることは確定しています。

これからは何かしらの対策を打たない限り国力はどんどん低下していきます。

しかし今の日本を主導する人は将来のためではなく、今の自分のために働いているように見えます。

将来のために今の日本に尽くし続けるのは本当に正しいことなのか。

皆さんには考えてみてほしいです。

 

このブログを見ている方は、会社という存在に対して疑念を抱いている人がほとんどだと思います。
「死ぬまで会社のために尽くす人生から早く抜け出したい」
と考える人のためにも、まずは私自身が社畜を先行して行うことによって皆様に勇気を分け与えて行きたいと思っています。

応援よろしくお願いします。m(__)m

参考にしている書籍は「金持ち父さん貧乏父さん」です。
これは"人生の攻略本"だと言えます。


それでは今日はこの辺で。思考停止!!
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑普段から脱社畜に関する記事を書いています。
応援クリックよろしくお願い致します。